時代とともに消えた和文タイプ

1 682
0 0

1980年代初頭までは、和文タイプが日本のどこでも利用されていた。公文書も印刷の版下も、まずは手書き文書を和文タイピストという職業婦人が活字にしていった。特殊に配列された2000を超える文字のなかから指定の文字列を打っていくのだから、訓練を要した。